【インド】国鉄の貨物輸送量、昨年度は過去最高を更新[運輸](2019/04/04)

インド国鉄の2018/19年度(18年4月~19年3月)の貨物輸送量が12億2,300万トン(速報値)となり、過去最高を更新する見通しであることが関係者の話で分かった。ビジネス・ライン(電子版)が2日に伝えた。

17/18年度の輸送量は11億6,100万トン余りで、6,200万トンの増加となる。増加分の80%近くを石炭が占めた。

トラックや船舶といった他の輸送手段に対抗するため、国鉄は荷主との長期契約の締結や需要の少ない路線での値引きといった方策を講じている。

管区別で増加幅が最も大きかったのは、サウス・セントラル・レールウエーで1,900万トンだった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント