【韓国】LG化学、有機EL新技術をデュポンから買収[化学](2019/04/03)

韓国のLG化学は3月29日、米化学大手デュポンから有機ELの次世代技術である「ソリューブルOLEDマテリアル技術」を買収したと発表した。買収額は明らかにしていないが、業界では2,000億~3,000億ウォン(約196億~294億円)とみられている。

このほど、ソウル・汝矣島のLG化学本社でデュポンのマーク・ドイル副会長の臨席の下、買収契約が結ばれた。これでLG化学は同技術に関する約540件の特許と、デュポンの研究・生産設備を取得することになる。同社のシン・ハクチョル副会長は「(今回の事業買収で)同分野の世界最高の技術を手に入れることができた。最高の製品を顧客に提供していきたい」と述べた。

ソリューブルOLEDマテリアル技術は、溶液状の有機EL材料をインクジェットプリント技術を用いてパネルに定着させる方式で、既存の蒸着方式に比べて材料の損失率を低減させることができる。また、色再現率も向上させられる。

LG化学は2015年からソリューブルOLEDマテリアル技術の開発に取り組んでいた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント