【香港】経営不振の香港航空、北米路線を減便へ[運輸](2019/03/12)

中国航空大手の海航集団(HNAグループ)傘下で、経営不振が取り沙汰されている香港航空(ホンコン・エアラインズ)が、北米路線を減便する。サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

香港航空のフライトスケジュールによると、現在は毎日運航しているカナダのバンクーバー線を6月から週3便に縮小する。米ロサンゼルス線は週7便のうち2便を減らす。さらに航空便情報サイトによると、9~10月には米サンフランシスコ線を現在の週4便から週3便に減便するという。

6月のバンクーバー行きのフライトがキャンセルされ、自動的に翌日のフライトに予約が変更された男性は、ショートメッセージサービス(SMS)と電子メールで予約の変更を知らされた。他の選択肢や払い戻しができるかどうかに関する情報はなかったという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント