【タイ】2月CPIは0.7%上昇、20カ月連続プラス[経済](2019/03/04)

5632d37b fa57 4d0e 9ecb 54bd047a1286

タイ商務省が1日発表した2019年2月の消費者物価指数(CPI、422品目、2015年=100、速報値)は101.95で、前年同月比0.73%上昇した。上昇は20カ月連続。商務省は適切な上昇率だとし、コメや肉・魚といった食品・飲料部門の上昇が農家の所得向上につながるとの見解を示した。

商務省貿易政策・戦略事務局(TPSO)の発表によると、食品・飲料部門は前年同月比1.89%上昇。このうち、米・粉製品が5.15%、肉・魚が4.50%、調味料が2.62%、肉・乳製品が2.06%上昇した。

非食品部門は0.09%の上昇。住宅が0.68%、衣料・履物が0.58%上昇する一方。運輸・通信が0.66%下落した。

振れ幅の大きい生鮮食品とエネルギーを除いたコアCPIは0.60%上昇。生鮮食品が2.64%上昇した半面、エネルギーは0.90%下落した。商務省の19年通年のCPI上昇率の目標は1.2%で、レンジは0.7~1.7%としている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント