【タイ】ローソン108、BTS駅で出店加速へ[サービス](2019/02/28)

3a59b5e2 4c18 4044 8271 67a7d5feb79f
トンロー駅に開設された「ローソン108」の外観=27日、バンコク(NNA撮影)

トンロー駅に開設された「ローソン108」の外観=27日、バンコク(NNA撮影)

タイの高架鉄道(BTS)運営・不動産開発会社BTSグループ・ホールディングス傘下の広告会社VGIグローバル・メディアは26日、タイの消費財大手サハ・グループと提携し、コンビニエンスストア「ローソン108」をBTSの駅などで展開すると発表した。

サハ・グループ傘下の持ち株会社サハ・パタナ・インターホールディング(SPI)、ローソン108を展開するサハ・ローソンと提携する。既にトンロー駅に1店舗を出店しており、今後BTSの30駅での展開を目指す。BTSの駅のほか、空港などへの出店でも3社で協力する。

店舗では、BTSの交通系電子マネー「ラビットカード」やモバイル決済サービス「ラビット・ラインペイ」が使用できるようにする。VGIはラビットカードなどを通じて取得したローソン108の買い物客のデータをマーケティング戦略に生かせるとしている。

ローソン108の店舗数は、2018年2月末時点で101店。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント