【フィリピン】商銀BDOは昨年17%増益、10年連続で拡大[金融](2019/02/27)

886e173d 1169 4282 bfbc 87ffdc88e1e4

フィリピンの商業銀行最大手BDOユニバンクの2018年決算は、純利益が前年比17%増の327億ペソ(約696億円)となり、過去最高を更新した。貸出と預金の好調な伸びが続き、10年連続の増益となった。

昨年末時点では、貸出残高が前年末比15%増の2兆ペソ、預金残高が14%増の2兆4,000億ペソと、それぞれ2桁伸びた。

18年の純金利収入は20%増の983億ペソ。預貸金利ざや(NIM)が前年の3.48%から3.64%に広がり、貸出では全部門が好調だった。12月末時点の不良債権(NPL)比率は、前年末の1.2%から1.0%に改善した。

総資産はフィリピンの銀行として初めて3兆ペソを突破。自己資本比率(CAR、バーゼル3基準)と中核的自己資本比率(CET1)は、それぞれ13.7%、12.1%となった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント