【韓国】サムスンDの青色光低減有機EL、独で認証[IT](2019/02/25)

9c77ebb9 4c84 4a46 8cfb 753f01d12673

サムスンディスプレーは、ブルーライトを大幅に低減したスマートフォン向け有機ELパネルがドイツの認証機関テュフ・ラインランドから「アイコンフォート認証」を取得したと発表した。

ブルーライトは、波長が約380~500ナノメートル(ナノは10億分の1)の青色領域の光で、目の角膜や水晶体では吸収されずに網膜まで到達するため、視細胞を傷つける恐れがある。パソコンやスマートフォンの発光ダイオード(LED)ディスプレーには多く含まれている。

サムスンディスプレーが開発した有機ELパネルは、光スペクトルに含まれるブルーライトの比率を、既存の有機EL製品の12%から7%に低減した。認証を取得した有機ELパネルは、サムスン電子がこのほど発表した新型のスマートフォン「ギャラクシーS10」シリーズに採用された。

アイコンフォート認証書を受け取るサムスンディスプレーのペク・ジホ中小型戦略マーケティング・チーム長(左)(同社提供)

アイコンフォート認証書を受け取るサムスンディスプレーのペク・ジホ中小型戦略マーケティング・チーム長(左)(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント