【ベトナム】地下経済の統計への算入、首相が承認[経済](2019/02/15)

ベトナムのグエン・スアン・フック首相はこのほど、露天商のようなインフォーマル・セクターや違法活動などから構成される「地下経済」の規模を、国内総生産(GDP)の統計値に組み込む計画を承認した。統計の専門性を高め、経済に対する国家管理の効率を向上させることが狙いとされる。13日付トイバオキンテー電子版などが報じた。

フルブライト大学ベトナム校(FUV)の研究によると、ベトナムの地下経済の規模はGDPの25~30%に相当する。ただ、統計総局(GSO)のグエン・ビック・ラム局長は報道関係者に対し、「FUVの比率は高すぎる」との意見を示している。

今回承認を受けた計画では、◇農林水産業、工業と建設業、サービス業の産業別◇国営、民間、外資系の企業形態別◇分野・領域別◇省市別――など、さまざまな分類に沿って地下経済の実態把握を目指す。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント