【シンガポール】メタウォーター、駐在員事務所開設[公益](2019/02/14)

水処理大手のメタウォーター(東京都千代田区)は12日、シンガポールに駐在員事務所を開設したと発表した。

オランダのパートナー企業PWNTのシンガポール現地法人と、中心部の複合施設「グレート・ワールド・シティー」内にあるオフィスを共有する。

シンガポールは国策として水処理施設への高度処理技術の適用を推進しており、水環境関連施設の整備が加速すると期待されている。新事務所では、シンガポールを含む東南アジア諸国の水環境分野に関する市場調査や、今後の事業展開に必要となる関連情報の収集を行う。

メタウォーターは海外事業を成長分野と位置付けている。アジア地域では2010年にベトナム・ハノイ、13年にはカンボジア・プノンペンに駐在員事務所を開設した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント