【インド】知るカフェ、西ベンガル州に印5店舗目開業[サービス](2019/02/14)

518665be 6cf9 41ec 9fba bf6b55dabf6e
IITの学生が日系企業の情報を収集することができる「知るカフェ」=西ベンガル州(エンリッション提供)

IITの学生が日系企業の情報を収集することができる「知るカフェ」=西ベンガル州(エンリッション提供)

大学生の就職活動向け情報の提供を手掛けるエンリッション(京都市)はきょう14日、インドで5カ所目となる「知るカフェ」を東部・西ベンガル州のインド工科大学(IIT)カラグプル校に開業する。

知るカフェは、インドの最高学府とされるIIT内で、学生が日常的に利用するカフェを通じて、日系企業の事業内容やインターン情報、企業ロゴなどを情報提供する。

会員登録した学生は、コーヒーやジュースなどの飲料を無料で飲むことができる。一方、スポンサー企業は、飲料容器の印刷やサイネージ(電子看板)、スマートフォンアプリを通じて、自社の認知度を高められる。カラグプル店では、村田製作所、ヤフー、三菱自動車が広告を展開。約2,000人の学生が事前登録している。

知るカフェは、2016年4月にIITハイデラバード校(南部アンドラプラデシュ州、テランガナ州)にインド1号店を開設。今年中にグワハティ校(北東部アッサム州)とマドラス校(南部タミルナド州)でも開業する予定だ。

カラグプル店を切り盛りするのは、日本国内での知るカフェの運営経験のある日本人の現役大学生4人。ほかの店舗を含め、スタッフの7~8割は日本人学生が担う。エンリッションの柿本祐輔最高経営責任者(CEO)は、「日印の学生による交流の場にもなる」と話す。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント