【ミャンマー】中銀、日本円と人民元を決済通貨として認可[経済](2019/01/31)

ミャンマー中央銀行は30日、日本円と人民元を決済通貨として認めると発表した。

中銀はこれまで、米ドル、ユーロ、シンガポールドルの3通貨だけを決済通貨として認可。日本円の決済は規制により行えなかったため、ミャンマーに進出した日系企業はこれまで米ドル建てで取引してきた。

今後は、地場企業による支払いが、ミャンマーの銀行を通じて日本円建てで行えるようになる。為替変動によるリスクが減り、貿易の促進につながると期待されている。

中銀は、米ドル、ユーロ、シンガポールドルの3通貨についてはミャンマー国内での現金両替も認可しているが、日本円と人民元については今回、決済通貨としてのみ認めた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント