【タイ】汚職指数、わずかに悪化で3ランク下落[経済](2019/01/31)

7e760230 f51b 41af a452 fd17ed99d1a6

世界の汚職を監視する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル(本部ベルリン)は29日、2018年版「腐敗認識指数(CPI)」を発表した。タイのCPIの順位は180カ国・地域中99位で、前年(180カ国・地域)の96位から下落した。

CPIは国際機関やシンクタンクのデータを基に腐敗認識度を100点満点で指数化したもので、数値が高くなるほど汚職が少ないと認識される。タイのCPIは36で、前年の37からわずかに悪化。世界平均の43を下回った。

総合順位では、デンマーク(指数88)が首位で、ニュージーランド(87)が2位。フィンランドとシンガポール、スウェーデン、スイスが指数85で3位だった。シンガポールは東南アジア諸国連合(ASEAN)で首位。日本の指数は73で前年と同じだったが、順位は2ランク上昇の18位だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント