【インド】アショク、アーメダで電動バス50台運用へ[運輸](2019/01/18)

インドの商用車大手アショク・レイランドは、西部グジャラート州アーメダバードのバス高速輸送システム(BRT)で、5月までに電動バス50台の運用に着手する。電気自動車(EV)関連事業を統括するカルシック・アスマナタン氏の話として、ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が17日に伝えた。

BRTを運営する特別目的事業体(SPV)アーメダバード・ジャンマルグ(AJL)と契約を結んだ。契約期間は7年間で、2年間の延長に向けた条項が盛り込まれている。アショクは電動バスの納入も担う。2月までに5台を投入し、4路線で試験運行に着手する計画だ。

アーメダバードのBRTは、中央政府が進める公共バスの電動化政策の一部。アショクの電動バスは、同州の州都ガンディナガルで18日に開幕する投資サミット「バイブラント・グジャラート」でモディ首相がお披露目する見通しだ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント