【中国】アリペイ、早稲田大学生協で導入実験[金融](2019/01/18)

浙江省杭州市を本拠に電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営するバ蟻金融服務集団(バ蟻金服、バ=むしへんに馬、アントフィナンシャル)の日本法人アリペイジャパンは17日、早稲田大学キャンパス内の大学生協の一部店舗や食堂で、年初からアリペイの導入実験を開始したと発表した。大学生協がアリペイを導入するのは同大学生協が初という。

7日から、中国人学生の利便性向上を目的にアリペイの導入を始めた。まずは同大学早稲田キャンパス内の大学生協の食堂や雑貨、書籍、旅行窓口など5カ所で導入し、今後順次拡大させていくという。

今回の導入は、留学生の生活を支え、日本から海外に出る学生を支援する取り組みを行っている同大大学生協側から働きかけがあったことから実現。アリペイジャパンによると、早稲田大学には7,400人超の外国人学生が在籍しており、うち中国人学生は約3,100人とほぼ半数を占める。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント