【中国】観光収入、18年は11%増の6兆元[観光](2019/01/11)

中国の観光収入は2018年は前年比10.9%増の5兆9,900億元(約95兆2,400億円)に達したもようだ。北京で9日開かれた全国文化観光庁局長会議で予想値として明らかにされた。人民日報系ニュースサイトの人民網が伝えた。

同年の国内旅行客の数は10.8%増の55億4,000万人(延べ人数、以下同)、国内旅行の観光収入は12.3%増の5兆1,300億元と推定されている。海外からの旅行客は0.5%増の1億4,000万人、海外からの旅行客による観光収入は3%増の1,270億米ドル(約13兆7,920億円)、海外旅行に出た国民の数は13.5%増の1億4,800人と見込まれている。

文化観光省は今年の主な文化観光政策として、質の高い旅行商品をさらに多く市場に投入すること、観光資源調査の試験的実施と観光資源の保護・利用促進、独創性のある文化・観光商品の開発強化などを打ち出した。国立文化公園の指定も試験的に進める方針。万里の長城、大運河、長征(中国共産党が1934年から36年にかけて行った徒歩による大移動)の3つをテーマに据えた国立文化公園を重点的に整備するとしている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント