【マレーシア】MMHE、サウジ・アラムコと長期契約[資源](2018/12/27)

マレーシア海運大手MISC傘下の海洋エンジニアリング部門、マレーシア・マリン・アンド・ヘビー・エンジニアリング・ホールディングス(MHB)は26日、英系エンジニアリング大手テクニップFMCとともに、サウジアラビアの国営石油サウジ・アラムコとオフショア事業の長期契約を結んだ。子会社のマレーシア・マリン・アンド・ヘビー・エンジニアリングを通じて、テクニップFMCとコンソーシアムを組み請け負う。

契約期間は6年間で、さらに6年間の延長が可能。サウジアラビアの領海内で実施するサウジ・アラムコのオフショア開発プログラムなどを支援するもので、設計・調達・製造・運搬・設置業務を担う。

MMHEのワン・マシタ・ワン・アブドラ・サニ社長兼最高経営責任者(CEO)は「サウジアラビア進出は、当社の国際事業戦略における記念すべき第一歩になった」とコメントした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント