【シンガポール】SIA、福岡線にボーイング787―10[運輸](2018/12/11)

シンガポール航空(SIA)は9日、シンガポール―福岡線にボーイング787―10を導入した。

新機体はビジネスクラスとエコノミークラスから成る2クラス制。それぞれ36席、301席が用意されている。

ビジネスクラスではフルフラットベッドに転換可能な座席を備える。機内エンターテインメントシステムは日本語に対応したコンテンツを1,800以上用意しているという。

SIAは今年、福岡就航30周年を迎えた。日本就航では50周年に当たることから、ボーイング787―10の最初の就航先には日本を選んでおり、5月に大阪線と東京(成田)線、7月に名古屋線に導入した。福岡線への導入をもって、これまで使用していたエアバスA330は同社の日本路線から姿を消した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント