【インドネシア】米グーグル、770円の国産携帯電話を発表[IT](2018/12/10)

8800cbe6 ccf4 4180 90db 802900d6a914

米グーグルはこのほど、人工知能(AI)音声認識サービス「グーグルアシスタント」を搭載した、インドネシア製の従来型携帯電話(フィーチャーフォン)「WizPhone(ウィズフォン)WP006」を発表した。価格は9万9,000ルピア(約770円)。ミニマーケット「アルファマート」で販売する。8日付ニュースサイト『トリビューンニュース』などが伝えた。

生産はウィズ・ニルワナ・インドネシアが手掛ける。基本ソフト(OS)は米系Kai(カイ)OSテクノロジーズが手掛ける「カイOS」。グーグルは6月、カイOSテクノロジーズに2,200万米ドル(約25億円)を出資しており、同社を通じてウィズフォンの開発を支援した。

カイOSテクノロジーズの発表によると、ウィズフォンWP006の発売時期は2019年1~3月。商品のバーコードを読み取ってアルファマートで決済ができるアプリなどを搭載する。

ウィズフォンWP006はカイOSを搭載する(カイOSテクノロジーズホームページより)

ウィズフォンWP006はカイOSを搭載する(カイOSテクノロジーズホームページより)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント