【フィリピン】アヤラ医療部門、ビサヤの薬局チェーン買収[医薬](2018/12/11)

フィリピンの財閥アヤラ・コーポレーションの医療部門子会社、アヤラ・ヘルスケア・ホールディングス(ACヘルス)は、ビサヤ諸島で薬局チェーンを展開するネグロス・グレース・ファーマシーを買収する。ビサヤ諸島での薬局網を拡大するため買収を決めた。

ACヘルスは6日、ネグロス・グレース株75%の取得について、同社親会社のジャスミヌムと合意した。関連当局の認可などを取り付けた後、取引を完了する。買収額は公表していない。

ネグロス・グレースは1971年の設立。西ネグロス州バコロド市を拠点として、中・西ビサヤ地方の70カ所以上でドラッグストアを運営している。

ACヘルスは既に、フェラー一族と折半出資する薬局大手ジェネリカ・ドラッグストアを通じて、約800カ所でドラッグストアを展開している。10月には医師や看護師の往診などをネットから申し込み、自宅でサービスを受けられるアプリ「AIDE」の運営会社に出資するなど、積極的に事業の拡大を進めている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント