【台湾】全家、今月下旬に金門島初出店へ[商業](2018/12/07)

コンビニ台湾大手「全家(台湾ファミリーマート)」を運営する全家便利商店は、今月22日に離島の金門島(金門県)に初出店する。今後、金門で10店舗以上を展開する方針。

6日付自由時報が伝えた。金門1号店は金門大学付近に位置し、店舗面積は約50坪。米系量販店で人気の健康食品や観光客向けの土産物などを販売するほか、全商品を台湾本島と同価格に設定することで、競合店との差別化を図る。

金門島には、競合の「セブン―イレブン」を運営する統一超商(プレジデント・チェーンストア)が1999年に進出し、現在16店を展開。離島への物流コストの関係から、商品価格を本島よりも高めに設定しており、1店舗当たりの1日の平均売上高は本島の7万台湾元(約25万5,900円)を1割上回るという。

「莱爾富便利商店(ハイライフ)」を運営する莱爾富国際(ハイライフ)も2013年に金門島に進出。現在4店舗を展開しており、1店舗当たりの1日の平均売上高は8万5,000~9万元と本島(5万元)よりも高い。ハイライフは今後、金門で10店舗を開設する計画。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント