【シンガポール】グオコランド、中心部で複合開発事業を着工[建設](2018/11/27)

シンガポールの不動産開発大手グオコランドは25日、中心部のビーチ・ロードで複合開発プロジェクトの起工式を行ったと発表した。2022年上半期(1~6月)の完工を見込む。

プロジェクトの名称は「グオコ・ミッドタウン」で、総床面積は約95万500平方フィート(約8万8,304平方メートル)。77万平方フィートの高級(グレードA)オフィススペースと3万平方フィートの小売り・娯楽施設、200戸余りの住戸のほか、旧ビーチ・ロード警察署の歴史的建造物から成る。

新施設は地下でMRT(地下鉄・高架鉄道)ブギス駅と直結し、上層階からは繁華街オーチャードやマリーナ湾などが一望できる。

敷地内には緑のある公共スペースを多く用意して、地域コミュニティーのイベントなどに活用してもらう考え。来年上半期に設計コンセプトの全容を公表する計画だ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント