【ベトナム】ビンF、200カ所で販売店を同時にオープン[車両](2018/11/26)

Ac7e7aac 86ac 4b7f 8930 9ec2e2aed6e5

ベトナムのコングロマリット(複合企業)、ベトナム投資グループ(ビングループ)傘下で、初の国産車メーカーとなるビンファストが20日に、国内各地に販売店やショールーム合わせて200店を同時にオープンしたと発表した。ショッピングモール「ビンコムセンター」を中心に、路面店も開設したもようだ。

ビンファストは20日、電動スクーター「クララ」を発売したほか、小型自動車「ファディル」の予約を開始している。販売店は路面店のほか、各地のビンコム・ショッピングセンターや「ビンマート」「ビンプロ」といったビングループの商業施設を中心にオープンした。

ハノイでは「ロイヤルシティー商業センター」や「ビンコムプラザ・ロンビエン」「ビンコムセンター・ファムゴックチャック(Pham Ngoc Thach)」「ビンコムメガモール・タイムズシティ」でオープン。ホーチミン市では、「ビンコムセンター・ランドマーク」や「ビンコムメガモール・タオディエン」などで商品が展示された。このほか、中部ダナン市や北部バクニン省、同クアンニン省、南部カントー市など各地のビンコムセンターでも開店したという。

ビンファストは20日、全国200カ所に販売店をオープンした。写真はホーチミン市2区の「ビンコムメガモール・タオディエン」=23日

ビンファストは20日、全国200カ所に販売店をオープンした。写真はホーチミン市2区の「ビンコムメガモール・タオディエン」=23日

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント