【シンガポール】訪日シンガポール人、10月は9%増[観光](2018/11/22)

Bdbe0728 acaf 4c1e a278 a8953e543bc6

日本政府観光局(JNTO)が21日発表した10月の訪日シンガポール人客数(推計値)は、前年同月比9.4%増の3万5,100人となり、同月として過去最高を記録した。

9月は台風21号や北海道胆振東部地震の影響で、5.4%増と伸びがやや減速していたが、10月は再び加速した。1~10月期では、前年同期比10.8%増の29万5,900人と2桁増となっている。

JNTOシンガポール事務所の佐藤克文所長はNNAに対して、「北海道地震や関西などの豪雨の影響が懸念されたが、1年8カ月連続で各月の最高を更新するという良好な結果となった。『ふっこう割』などの(各旅行会社などが実施している)復興キャンペーンが奏功していると考えられる」と説明。他の国・地域を合わせた訪日旅行者全体の伸びが、10月は前年同月比1.8%増にとどまったことを考えると、「シンガポール市場は健闘したと言えるのではないか」と述べた。

11月は、ピークシーズンに入り需要の拡大が見込まれ、一部航空会社では増便により座席供給数も増えることから、「10月と同程度かそれ以上の拡大基調が続く」と強気の見通しを持っているという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント