【カンボジア】財閥ロイヤル、シンガHLHと複合開発[建設](2018/11/02)

94ae92e4 6d11 4b74 9eea 4f89c3553977
合弁での複合開発に合意し、握手を交わすロイヤル・グループとHLHグループの幹部ら=1日、プノンペン(NNA撮影)

合弁での複合開発に合意し、握手を交わすロイヤル・グループとHLHグループの幹部ら=1日、プノンペン(NNA撮影)

カンボジアの財閥ロイヤル・グループは1日、農業・不動産を手掛けるシンガポールのHLHグループと合弁で複合開発を手掛けることで合意した。数カ月内に着工し、今後2年で完成を見込む。

首都プノンペン北部のトゥールコック区で12階建てのビルを建設する。敷地面積は8,222平方メートル。建物の名称や投資額は明らかにしていない。

プノンペンで同日開いた記者会見で、ロイヤル・グループのハナ・マーク最高財務責任者(CFO)は「不動産開発に長年のノウハウがあるHLHと組み、計画を進めていく」と述べた。HLHグループのライアン・オン取締役は「カンボジアに世界水準の複合ビルを建てる」と話した。

HLHグループは、カンボジア南部の港湾都市シアヌークビルでも複合開発を進めている。今年12月に商業区画が、19年半ばにも住宅部分が完成する見通し。住宅部分のコンドミニアム(分譲住宅)はカンボジア人の購入者が約6割を占めている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント