【台湾】アネスト岩田、台湾合弁が新竹県に新工場[製造](2018/10/25)

塗装機と圧縮機を手掛けるアネスト岩田(神奈川県横浜市)と、工作機械大手の友嘉実業集団(フェアフレンド)との合弁で主に塗装機器の製造販売を手掛ける岩田友嘉精機は23日、設立30周年記念式典と新工場完成式典を行った。

新工場は新竹県に位置し、敷地面積1,000坪。2017年5月に着工、今年6月に完工した。投資額は自動化無人生産設備の調達を含め1億6,000万台湾元(約5億8,100万円)。工業用塗装機器を生産する。

友嘉実業集団の朱志洋総裁は式典の挨拶で、「24時間稼働対応の自動化無人生産ラインの導入によって優れた品質を維持でき、市場で優位な地位を保つことができる」とコメントした。

アネスト岩田の壷田貴弘社長は、「より高品質な製品を生産供給することで、顧客の満足度向上と当社グループの経営を強化していく」と意気込んだ。

岩田友嘉精機は1987年、新竹県湖口郷に設立。資本金は3,300万元。持ち株比率はアネスト岩田が50.1%、友嘉実業集団が49.9%となる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント