【インド】現代自「サントロ」、40万ルピー以下で発売[車両](2018/10/24)

793dc1ee be9e 4b96 9785 804fb730c9b6
現地法人ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)のクー社長(左から2番目)らが新モデルをお披露目した=23日、首都ニューデリー(NNA)

現地法人ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)のクー社長(左から2番目)らが新モデルをお披露目した=23日、首都ニューデリー(NNA)

韓国の現代自動車は23日、インドで小型ハッチバック「サントロ」の新モデルを発売した。価格帯は38万9,900~56万4,900ルピー(約59万8,000~86万6,000円)。発売前の13日間で2万3,500台以上の予約を受け付けた。毎月8,000~9,000台の販売を目指す。

現代は1998年のインド進出とともにサントロの販売を開始。国内向けに132万台、輸出向けに54万台を出荷した。ただ、エントリー車セグメントの競争激化などを受け、2014年に販売を停止していた。

市場への再投入に当たっては1億米ドル(約113億円)を投入し、1.1リットルのガソリンエンジンを搭載したマニュアル車、自社開発のAMT(セミオートマチックトランスミッション)車、圧縮天然ガス(CNG)対応車を用意した。ファミリーカーとして、ゆったりとした車内空間を訴求していく。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント