【カンボジア】1~8月の外国人観光客12%増、観光省[観光](2018/10/16)

カンボジア観光省によると、2018年1~8月の外国人観光客数は前年同期比11.7%増の約394万9,759人だった。全体の3割強を占める中国人が7割増加する一方、他国からの観光客は前年を割り込む国が多かった。

国別に見ると、中国人は72.2%増の127万8,437人で最も多かった。以下、ベトナムが0.9%減の52万6,286人、ラオスが18.3%減の24万8,661人、タイが3.9%減の21万826人、韓国が12.0%減の20万9,529人と続いた。米国は3.1%減の16万6,873人、日本は0.9%減の13万658人だった。

カンボジア人の海外旅行も堅調に伸びた。1~8月は11.6%増の128万6,396人だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント