【香港】電通が香港企業買収、マーケティング強化[サービス](2018/10/03)

電通は2日、アジア・オセアニア地域で音楽フェスティバルなどの企画・運営を手掛ける香港企業、ブランデッドの株式69%を取得すると発表した。将来的に完全子会社化する方針。ブランデッドが得意とする、消費者との関係性を構築する体験マーケティングの強化を図る。

株式取得は電通の海外本社である電通イージス・ネットワークを通じて行う。取得額は非公表。

ブランデッドは2002年の設立。香港とシンガポールに拠点を構え、音楽フェスのほか、ファンイベント、カンファレンス、教育イベントなどを企画・運営している。話題性のあるイベントを独自の手法で多数プロデュースすることで急成長しているという。

株式取得後、電通はブランデッドを電通グループのグローバルネットワーク・ブランドであるMKTG(米ニューヨーク)のネットワークに組み込み、ブランド名を「ブランデッドMKTG」へ改称する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント