【タイ】在日タイ大使館、福岡市に総領事館を開設[経済](2018/10/01)

在日タイ大使館は9月25日、10月1日付で福岡市に総領事館を開設すると発表した。経済や教育など、地方での対日関係の強化が目的。

福岡総領事館の臨時事務所は、福岡市博多区の「JRJP博多ビル」3階に開設。九州、沖縄、中国地方の13県を管轄する。総領事館は大阪市に続いて2カ所目の設置。

総領事には、アッタカーン・ウォンチャナマース氏が就任する。アッタカーン氏は、タイ国立タマサート大学を卒業後、1987年にタイ外務省に入省。在ムンバイ・タイ総領事館や、在イスラエル・タイ大使館などで勤務した。

同領事館の設置では、今年2月に来日したタイのソムキット副首相が、10月1日を目標に開設する方針を表明していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント