【韓国】バンダイナムコ、現代百にVRゲームを提供[IT](2018/09/28)

バンダイナムコアミューズメント(東京都港区)は27日、現代百貨店グループでVR(仮想現実)事業などを手掛ける現代IT&Eと韓国国内におけるVRコンテンツの独占供給協定を結んだと発表した。現代IT&Eが2018年内に開設予定のVRアミューズメントパークに、日本の「VR ZONE SHINJUKU」などアミューズメント施設で提供しているVRコンテンツを供給する。

現代IT&Eは、流動人口の多いソウルの繁華街・江南で年内に大型のVRアミューズメントパークを開設する計画。バンダイナムコアミューズメントは、VRコンテンツを供給する形でサポートする。開設時期は未定。

現代IT&Eは今年7月に設立され、現代百貨店グループ内で流通やメディア、食品、製造など幅広い分野のITサービス事業を手掛けている。

バンダイナムコアミューズメントは現在、日本国内で19店、海外では英国で2店、計21店のVRアミューズメント施設「VR ZONE Portal」を運営している。9月末に米国、10月にはフィリピン・マニラにも新規出店する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント