【中国】国民が求める改革を推進、習総書記が強調[経済](2018/09/25)

中国共産党の習近平総書記(国家主席)は20日、国家の各領域で改革を進めるための最高協議機関である中央全面深化改革委員会の会議を主宰し、「国民の実際のニーズに即した改革を推進していかなければならない」と強調した。

習総書記は「国民の反応が特に大きい突出した問題は断固として改め、直ちに改める必要がある」と指摘。国民の満足感を高める改革を強化するとして、具体的には所得分配や教育、雇用、社会保障、医療、住宅、環境、介護、食品・医薬品の安全に関する問題の解決に重点を置く方針を示した。

会議では◇質の高い発展の推進◇より有効な地域協調発展メカニズムの構築◇自由貿易試験区(自貿区)改革と革新の深化◇重要な金融機関の監督管理を系統的に整備◇ワクチン管理体制の改革と整備◇国家発展計画の戦略的指導作用をさらに発揮させるための計画体系の統一◇小規模農家と現代農業の有機的結合の促進——の7分野の改革に関する政策文書を採択。このうち自貿区改革については、貿易の利便性向上などに向けて一段と自貿区の権限と政策支援を強化していくことを盛り込んだ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント