【シンガポール】ブレッドトーク、台湾ベーカリーと合弁で出店[商業](2018/09/11)

シンガポールの飲食大手ブレッドトーク・グループは10日、台湾の高級パン店チェーン「呉宝春麦方店」と組み、シンガポールと香港で「呉宝春」ブランドの店舗を展開すると発表した。

ブレッドトークは3月、傘下の上海スター・フードF&Bマネジメントと呉宝春麦方店が合弁会社を設立し、中国4都市で呉宝春ブランドの店舗をフランチャイズ(FC)展開すると発表していた。今回はシンガポール、香港での出店に向けて、ブレッドトークの完全子会社トゥギャザーと呉宝春麦方店がそれぞれ80%、20%を出資して合弁会社を設立。2019年にもシンガポール中心部の商業施設キャピトル・ピアッツァ内に同国1号店をオープンする。

シンガポールと香港はともに食に敏感な人が集まる大都市であることから、高品質なパンを求める消費者の需要をつかみたい考えだ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント