【中国】タカタ買収の均勝電子、中間33%増益[車両](2018/09/07)

欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタを、子会社を通じて買収した自動車部品メーカー、寧波均勝電子(浙江省寧波市)が発表した2018年6月中間期決算は、売上高が前年同期比72.9%増の226億3,390万元(約3,690億円)、純利益は33.4%増の8億2,120万元だった。

製品別の売上高は、タカタ買収効果で自動車向けセーフティーシステムが136.0%増の158億9,220万元となった。自動車電子システムは8.2%増の47億5,080万元だった。

タカタについては、傘下の米自動車部品大手キー・セイフティー・システムズ(KSS)が今年4月にタカタ主要事業の買収を完了。KSSは社名をジョイソン・セイフティ・システムズに変更した。同社はタカタの資産を取得したことで、自動車の安全分野での世界シェアが30%に達した。また、買収以降、独フォルクスワーゲン(VW)、BMW、米フォードなどから約50億米ドル(約5,570億円)の新規受注を確保した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント