【シンガポール】MBKブロックチェーン、地場同業と提携[金融](2018/09/05)

不動産投資などを手掛けるマーチャント・バンカーズ(東京都千代田区)は3日、新規仮想通貨公開(ICO)支援事業の完全子会社MBKブロックチェーンがシンガポールのメーカーズ・ファームと業務提携することで基本合意したと発表した。

メーカーズ・ファームは今年5月の設立で、仮想通貨「CMI」によるキャッシュバックサービス「コインカム」を企画、開発している。すでに、楽天マーケティングを通じた各小売店や、食品・日用品のインターネット販売を手掛けるシンガポールのレッドマート、米アマゾン・コムのオーストラリア・東南アジア地域部門、米マイクロソフト、中東のカタール航空などと、連携体制を構築している。

MBKブロックチェーンは、CMIの流通、CMIによる資金調達についてメーカーズ・ファームにアドバイスを行う方針だ。

また併せて、マーチャント・バンカーズがメーカーズ・ファームに対して資本参加することでも合意した。出資額、出資比率はこれから取り決めるが、連結子会社または持分法適用会社となる水準ではないという。

マーチャント・バンカーズは、ICO実施支援事業やブロックチェーン全般に関するサポートサービスを展開するため今年4月、東京にMBKブロックチェーンを設立していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント