【中国】EUの太陽光製品AD措置停止を歓迎、中国[製造](2018/09/03)

中国商務省は1日、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会が中国の太陽光発電製品に対する反ダンピング(不当廉売、AD)措置と反補助金の相殺関税措置について、期限を迎える9月3日をもって停止すると決定したことに対し「歓迎する」とする報道官談話を発表した。

商務省はEUの決定に対し「政府と業界がともに努力した結果で、協議を通じて貿易摩擦を解決した模範事例となる」と指摘。さらに「中国とEUの太陽光発電製品貿易が正常化し、双方の業界にとって予見可能な安定的なビジネス環境がもたらされることで、双方の産業での相互利益が実現する」と評価した。

中国メディアの報道によると、EUは2013年12月から、中国製太陽光発電製品に対してAD関税と反補助金の相殺関税を課してきた。平均税率は50%前後となっていた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント