【シンガポール】サービス業売上高、4~6月期は8%上昇[経済](2018/08/28)

968c847f b646 45dd a75e c6fc550937e2

シンガポール統計局が27日発表した4~6月期のサービス業売上高指数(卸売り・小売り、ホテル、外食サービスを除く、2014年=100、速報値)は115.8となり、前年同期から7.8%上昇した。7四半期連続でプラス成長を維持している。

項目別に見ると、全7項目中、娯楽・個人サービスを除く6項目で前年同期を上回った。

最も伸び幅が大きかったのは情報・通信で13.5%上昇。6四半期連続で2桁成長が続いている。ソフトウエア、データセンター、ウェブポータルサイト関連サービスなどが好調だった。

金融・保険は10.1%上昇した。前期から伸びは鈍化したものの、堅調に推移した。

ビジネスサービス、教育はそれぞれ7.9%上昇、5.1%上昇となり、いずれも前期から伸びが加速した。一方、医療・社会福祉、運輸・倉庫はそれぞれ6.1%、3.3%上昇したものの、いずれも前期から鈍化している。

一方、娯楽・個人サービスは2.8%下落し、6四半期ぶりに前年同期を下回った。

サービス業売上高指数は前期比では0.5%上昇した。前期の0.2%上昇から伸び幅がわずかに拡大している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント