【カンボジア】ワールドブリッジ、首都で商業施設開業へ[商業](2018/08/23)

物流や不動産などを手掛けるカンボジアのワールドブリッジ・グループは、11月に首都プノンペン南部で商業施設「ワールドブリッジ・アリーナ」を開業する。クメール・タイムズ(電子版)が22日伝えた。

チャク・アングレ・クロム地区で、トンレバサック川と国道2号線の間の土地1.3ヘクタールを開発した。運営サービスを手掛けるアーバン・アセット・ソリューションのサイモン・グリフィス社長によると、投資額は1,000万米ドル(約11億円)。建物13棟にアパレル店や家電店、飲食店などが入居する。既に賃貸スペースの半分以上が契約済みで、タイ発のコーヒーショップ「インタニン」が12月に開店するほか、日本食店なども営業を予定しているという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント