【台湾】ヨックモック、台中1号店を出店[商業](2018/08/15)

2623e305 62e9 4a20 a6a1 91be43cb0fbc
ヨックモックが中秋節向けに販売する台湾限定デザイン缶商品(880台湾元、同社提供)

ヨックモックが中秋節向けに販売する台湾限定デザイン缶商品(880台湾元、同社提供)

老舗洋菓子メーカーのヨックモック(東京都千代田区)は15日、台中市初の常設店を百貨店「台中大遠百(トップシティー台中)」にオープンする。

ヨックモックは士林区天母にある台湾本店をはじめ台北市に4店舗を展開しており、台中の店舗は台湾5店目となる。いずれも自動車用ステンレス鋼管の製造などを手掛ける地場企業、富好が総代理店を務める。

ヨックモックの担当者は今回の出店について、「新たな施設が次々と建設され注目を集める台中市に常設店を構えることで、台湾におけるさらなる認知度の向上と売上獲得を目指す」と説明。台中大遠百店では葉巻状クッキー「シガール」などの焼き菓子を詰め合わせた14商品を販売するほか、台湾限定の桐箱などの特別パッケージを用いる受注生産も受け付ける。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント