【カンボジア】財閥チップモン、商業銀行を設立[金融](2018/08/15)

カンボジアの大手財閥チップモン・グループが、商業銀行を設立したことが分かった。既に従業員の採用を進めている。プノンペン・ポスト(電子版)が14日伝えた。

チップモンは正式に発表していないほか、幹部もコメントを控えている。ただ同社関係者によると、カンボジア中央銀行から商業銀行の免許を取得したという。商業銀行の数は現在39行に上り、免許取得には資本金7,500万米ドル(約83億2,000万円)が必要になる。

コンサルタント会社エマージング・マーケッツ・コンサルティング(EMC)のネス・チョウ上級コンサルタントは、「チップモンは傘下に複数の事業がある。金融業への参入はグループ企業のサービスに付加価値をつけることができる」と話した。チップモンは建設や不動産開発、資材、食品・飲料品、観光、小売りなどさまざまな事業を展開している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント