【インド】ルピー最安値、政府は問題視せず[金融](2018/08/16)

トルコと米国の関係悪化を背景に、インドの通貨ルピーの対米ドル相場が史上最安値を更新し、14日に節目の70ルピー(約111円)を超えた。財務省経済局(DEA)のガルグ局長は外部要因が理由として、問題視しない立場を示している。ビジネス・スタンダード(電子版)が15日に伝えた。

ガルグ局長は一方で、インド準備銀行(中央銀行)がルピーを下支えするため、230億米ドル(約2兆6,000億円)規模の介入に踏み切ったことを明らかにした。ただ、同局長は強気な見方を崩さず、ルピーの下落が続いて80ルピーを超えた場合も、「他の通貨も同様に下がっているなら、懸念材料とはならない」と語った。

ルピーを取り巻く状況は他の通貨と比べれば悪くないとされているため、政府は下落を「一時的な現象」とみているという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント