【台湾】未婚男性の49%「養えない」=1111調査[経済](2018/08/07)

A31a050d 21ee 4ab4 b04a 097221f9bb49

人材紹介サイト「1111人力銀行」を運営する全球華人が実施した男性会社員の結婚・出産事情に関する調査で、未婚男性の49.0%が「相手を養えないため結婚できない」と回答したことが明らかになった。

調査は7月23日から8月1日にかけて、男性会社員を対象にインターネットを通じてアンケート形式で実施した。有効回答数は1,114件だった。

未婚の理由(複数回答)としては、経済的な事情のほか、「相手が見つからない」(47.1%)、「住宅が買えない」(27.5%)、「収入が安定していない」(26.6%)などが続いた。

また既婚の男性のうち、5.0%が「子供がいない」と回答。その理由(複数回答)としては、「養えるか不安」(57.1%)、「経済的に不安定」(50.0%)などが挙がった。

全球華人の何啓聖・副総経理は、「男性が結婚や出産を踏みとどまる背景には、経済的な問題がある」と指摘。20~24歳では全体の62.4%、25~29歳でも30%以上の会社員の月収が3万台湾元(約10万8,600円)以下にとどまっているという行政院主計総処(統計局)のデータや、男性の初婚年齢が2017年は平均32.4歳と直近12年来で最高を更新した内政部(内務省)のデータを挙げ、収入の低さが結婚や出産に影響しているとの見方を示した。

また、子供を持つ男性会社員に子供の数を聞いたところ、「1人」が46.9%と最多で、「2人」は46.3%、「3人以上」は6.7%。「子供を育てるのに必要な世帯収入」の平均は8万5,875元だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント