【韓国】SKハイが半導体新工場、3千5百億円投資[IT](2018/07/30)

韓国の半導体大手SKハイニックスは27日、京畿道利川市に半導体工場を新設すると発表した。投資額は3兆5,000億ウォン(約3,500億円)。人工知能(AI)をはじめとする第4次産業革命で高まるメモリー需要に対応する狙いがある。

新工場の敷地面積は5万3,000平方メートル。今年末に着工し、2020年10月の完工を目指す。製造する半導体製品の種類は未定だが、プロセスの微細化に必要な極端紫外線(EUV)露光装置など次世代技術を導入する方針という。

SKハイニックスは「メモリー需要は持続的に高まると見通しだが、供給が需要の増加速度に追い付いておらず、新規の設備投資なしには市場の需要を満たすことはできない」と、新工場建設の背景について説明した。

SKハイニックスは世界最大規模の半導体工場M14に加え、下期に完成予定の清州(忠清北道)の新工場、中国・無錫の生産法人のクリーンルーム拡張などを通じて生産能力を高めているが、それでも今後の半導体需要を取り込むには力不足と判断した。

ソウル大学・経済研究所によると、今回の新工場建設により26年までに発生する経済効果は80兆2,000億ウォンに上ると試算する。また、生産誘発効果は26兆2,000億ウォン、雇用創出効果は34万8,000人に上るとも予想している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント