【香港】ラインフレンズ、1~2年以内にカフェ開設[商業](2018/07/19)

無料通信アプリLINE(ライン)の公式キャラクター「LINE FRIENDS(ラインフレンズ)」香港・タイ事業の責任者、李成雨氏はこのほど、1~2年以内に香港でラインフレンズをテーマにしたカフェを開設すると明らかにした。ラインフレンズを世界に広める上で、香港を重要市場と位置付け開拓していく。18日付香港経済日報が伝えた。

2~3年以内には中華圏でホテル事業に参入し、ラインフレンズをより身近なものにする考え。詳細については言及しなかった。

ラインは2015年8月、キャラクターグッズ専門店「ラインフレンズストア」の香港1号店を開設し、現在は香港島・コーズウェーベイ(銅鑼湾)、九龍・旺角、観塘に計3店を展開。売上高は15年以降、毎年2桁ずつ伸びている。女性客が来店者の7割を占めるアジアのその他都市と異なり、香港では男性客が全体の5割に達するという。コーズウェーベイ店と旺角店は年間の来店者数がともに100万人を超え、今年4月に開業した観塘店は2カ月間で65万人が店を訪れた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント