【香港】アパレルのマザーハウス、香港に2号店[商業](2018/07/18)

アパレルのマザーハウス(東京都台東区)は17日、香港2号店を20日に開設すると発表した。海外では8店目となる。

香港島・コーズウェーベイ(銅鑼湾)の商業施設「タイムズスクエア(時代広場)」に出店する。店舗面積は約22坪。かばんやストール、ジュエリー、革小物などを扱い、ブライダルリングも販売する。

マザーハウスは「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念に、バングラデシュやネパール、インドネシア、スリランカ、インドの5カ国で、現地の素材や文化を生かしたアパレル製品、雑貨を生産。先進国・地域で販売する。海外では台湾に6店を展開。香港1号店は昨年12月、尖沙咀の商業施設「K11」に出店した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント