【香港】香港の小売売上高、19年に過去最高更新か[商業](2018/06/25)

会計大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、香港の2019年の小売売上高が過去最高の5,040億HKドル(約7兆750億円)に達するとの見通しを示した。小売業の回復基調は続き、現時点での最高である13年(4,945億HKドル)を100億HKドルほど上回るとみている。22日付大公報などが伝えた。

今年の小売売上高は前年比8%増の4,840億HKドルになると予測した。アジア太平洋地域・香港・中国を担当する小売り・消費者部門の責任者、鄭煥然(マイケル・チェン)氏は「中国本土から香港を訪れる旅行者の回復や、株高・住宅高を背景とした資産効果が消費意欲を高めている」と指摘した。

鄭氏は医薬品・化粧品業界の今年の小売売上高が7.3%増の465億HKドル、飲食業界は1.5%増の430億HKドルとなり、ともに過去最高になるとの見通しを示した。

一方、本土の小売売上高は21年をめどに8兆500億米ドル(約886兆5,500億円)に達すると予測。17~21年の年平均伸び率は9%と見通した。このうち電子商取引(EC)は年20%のペースで伸び続け、小売売上高全体に占める割合は17年の17%から21年に23%へと拡大するとみている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント