【タイ】アビアレップス、デュシタニの広報業務受託[観光](2018/06/12)

観光業界に特化した広報・マーケティング事業を手掛けるアビアレップス(東京都新宿区)は11日、タイのホテル大手デュシタニの海外事業部門、デュシット・インターナショナルから、日本での広報代理業務を受託したと発表した。

アビアレップスの早瀬陽一社長はNNAに「日本におけるメディア露出を増やすことで、デュシタニグループのより一層の認知およびブランド力の向上を達成できるように努める」と語った。

デュシット・インターナショナルは、1948年に設立。「デュシタニ」や、「デュシット・プリンセス」、「デュシットD2」、「デュシット・テワラナ」など、タイを中心に4つのホテルブランドを展開している。2019年には、ミレニアル世代(1980~90年代生まれ)向けの新ブランド「アーサイ(ASAI)」ホテルを、タイの首都バンコクやフィリピンのセブ島、ミャンマー最大都市ヤンゴンなどで開業予定。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント