ホーム > 経営者インタビュー > 「狂言は生活のサプリ」 大蔵流狂言師の善竹富太郎 〜人間国宝の血を受け継ぎ、室町時代から続く「お笑い」の伝道師〜

「狂言は生活のサプリ」 大蔵流狂言師の善竹富太郎 〜人間国宝の血を受け継ぎ、室町時代から続く「お笑い」の伝道師〜

独特の台詞回しと動きで、暮らしの中のおかしさや面白さを描き出す、日本最古の喜劇「狂言」。この世界を古くから牽引する流派「大蔵流」を受け継いだ若き狂言師の善竹富太郎さんは、現代に生きる私たちに、この「狂言」が分かるように伝える活動に情熱を注いでいる。「狂言はお笑いであり、生活を豊かにするサプリメント」。こう語る善竹さんの思いに迫った。(聞き手:早川周作・経営コンサルタント)

狂言は「お笑いの演劇」

早川)狂言は今日まで約700年にわたって受け継がれてきた日本の古典喜劇ということですが、歌舞伎と違ってあまり知られていない面もあると思います。改めて、狂言について基本的なところから教えていただいてもよろしいでしょうか?

この記事は会員限定です。無料の会員登録をすると全文をお読みいただけます。

会員登録 (無料) ログインはこちら