品薄が続くウイスキーの世界に、ニューウェーブ登場2

【転載元】
日本クラウド証券株式会社
https://crowdbank.jp
日本クラウド証券メディア マネセツ https://manesetsu.jp

63be7b48 a4e6 4785 a969 733191108261

アルコール飲料全体の消費量は減少しているにもかかわらず、ウイスキーは増加傾向。宴会スタートの乾杯もビールではなくハイボールで行う人が増えているなど、その人気はとどまることはない。
前回の記事はこちら

しかし、人気が高まりすぎて、ウイスキー業界は原酒不足に悩まされるという皮肉な事態になっている。うれしい悲鳴を通り越し、売るものがない状況となっているのだ。この状況を受け、最近はそれを補うべく新しい動きも出てきている。
これまでスコットランドやアメリカ、あるいは国内産など、産地が限られていたウイスキーに、新しい産地が登場してきているのだ。
今回は、ウイスキー好きならぜひとも試してほしい、ニューウェーブのウイスキーを紹介しよう。

ウイスキー消費量は、10年でほぼ倍増

まずはウイスキーの出荷量を、おさらいしておこう。

国税庁の調査によれば、全国のウイスキー消費量は2016年度で1億4500万リットル。2017年と比べて、わずか1年で1000万リットルも伸びている。消費量が上昇に転じたのは2006年だが、この年の7600万リットルから10年少しでほぼ倍増していることになる。
前回の記事「ハイボール人気で、ウイスキーにニューウェーブ登場!? お酒の最新事情1」で説明したように、ここ5年でビールは4800万リットル、日本酒は5600万リットル減少していることから見れば、まさにウイスキーは絶好調といえるだろう。
若者のアルコール離れが声高に言われている中で、ウイスキーだけが右肩上がり。いままさに、ウイスキーはかつてない全盛時代を迎えているのだ。

あまりの人気が、原酒不足をもたらす


ウイスキー業界にとって、ウイスキーの人気が高まることは喜ばしいことだ。しかし、売れすぎると逆に困ったことも起きる。そう、原酒不足だ。
原酒が不足するということはどういうことか。
需要が高まっているのなら生産量を増やせばいい。単純にそう思うが、ことはそう簡単にはいかない。

ウイスキーは、大麦やトウモロコシなどの原料に水を加え、発酵・蒸留させて原酒を作る。その原酒を樽に貯蔵して十分に熟成させることで、独特の香りや風味が出てくる。果実酒を貯蔵した後の樽を使うことで甘い味わいを作るなど、ウイスキーの旨さを決めるのが貯蔵・熟成の時間なのだ。

この樽に貯蔵する時間は「年単位」だ。よく、ウイスキーのラベルに「○○ 12年」や「○○17年」など、年数が入っているものを見かけるが、この数字は何年熟成させたかという年数を表している。美味しいウイスキーにするためには、最低でも3年程度は熟成させる必要があるとされている。

これに対して、日本酒やビールの製造工程はシンプル。多くの時間を必要としない。つまり、ウイスキーは他のアルコール飲料に比べて、圧倒的に製造時間が長いことが特徴だ。つまり、急激に需要が高まったとしても、すぐに生産量を増やすことができないのだ。

各メーカーが販売休止などで対策

今のウイスキーブームは、10年ほど前にサントリーがハイボールの販売に力を入れ始めたことに始まる。その後、NHK連続テレビ小説『マッサン』の影響で人気が決定づけられた。
この急激な人気上昇を、ウイスキー業界自身が予期していなかったことが今の原酒不足を招いている。それもそのはず、それ以前の20年ほどはウイスキー需要の低迷が続いており、どのメーカーも原酒の生産量を抑えていたのだ。貯蔵に年単位の時間がかかるのだから、一気に消費量が増えても即座に対応できないことは自明の理。

結果として、酒造メーカー各社は、特定銘柄の販売終了などの対策に追われている。
サントリーは、2013年に一部の「山崎」、2018年に「白州12年」、「響17年」の販売を休止した。2018年にニッカも2015年に年代表記入りの「余市」、「宮城峡」の販売を終了している。キリンビールも主力である「富士山麓 樽熟原酒50度」を、2019年春をめどに販売終了すると発表した。

これまでは、熟成期間が長く、高価な年代物から底をついてきたが、最近は値ごろ感のあるお手軽なウイスキーでも品薄感が出てきているという。

ウイスキー新興国からニューウェーブ登場

国産ウイスキーが原酒不足に悩まされているなか、昨今は新たな産地のウイスキーが登場し、注目を集めている。本来ウイスキーは、本場スコットランドはもとより、日本でも北海道や東北など、寒冷な気候の場所で製造され、熟成期間が最低でも3年ほどかかるとされている。

しかし、今注目されている新たな産地は暑い地方だ。
その代表格が、亜熱帯気候の台湾産の「KAVALAN」。暑い台湾では、スコットランドの3〜4倍の速さで熟成するとされ、これまでに考えられなかったスピードで市場に登場してくる。
味や香りはどうかと心配になるが、KAVALANはウイスキーの世界的コンペティション「WWA」で、2年連続で世界最優秀シングルモルトを受賞している。

また、もうひとつ注目を集めている「ポール・ジョン」はインド産。やはり暑い国なので、台湾同様のスピードで熟成する。
この他にも、オーストラリアやニュージーランド産のウイスキーも登場している。今後は気候に関係なく、どんな場所でもウイスキーづくりが盛んになっていくかもしれない。

日本のウイスキー製造技術も大きく進歩

今の原酒不足は、国内でハイボールが人気になったことが大きな要因だ。
しかし、よく考察してみると原因はそれだけではなく、日本のウイスキー製造技術が大きく進歩していることも要因のひとつとなっている。

この10年で、サントリーの「山崎」、ニッカの「竹鶴」などが、国際的な品評会で賞に輝くことが増えている。いまやジャパニーズウイスキーは、世界的に見ても高く評価される存在となっているのだ。

これまでの世界4大ウイスキー産地(英スコットランド・アイルランド・米国・カナダ)に加え、日本もそのひとつに数えられるようになり、輸出量も増えている。これを考えれば、ウイスキーの原酒不足は今後もしばらく続きそうだ。まさに、うれしい悲鳴。きっとマッサンも喜んでいるに違いない。

≪記事作成ライター:三浦靖史≫ 
フリーライター・編集者。プロゴルフツアー、高校野球などのスポーツをはじめ、医療・健康、歴史、観光、時事問題など、幅広いジャンルで取材・執筆活動を展開。好物はジャズ、ウクレレ、落語、自転車など。

【転載元】
日本クラウド証券株式会社
https://crowdbank.jp
日本クラウド証券メディア マネセツ https://manesetsu.jp

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント