スタートアップの資金調達・ビジネスマッチングサイト

【インドネシア】緊急活動制限、4~6週間の可能性も[社会](2021/07/14)

インドネシアのスリ財務相は、政府が実施している新型コロナウイルス対策の緊急活動制限(PPKMダルラット)の延長を示唆したようだ。PPKMダルラットは現時点で、3~20日までの18日間の予定だが、4~6週間に延長する可能性があるという。13日付インベストール・デーリーなどが伝えた。

スリ財務相は、12日の予算委員会に提出した書類で、「感染拡大を抑制するため、人の移動が激減することを期待する」と記していたとされる。

新型コロナウイルス緊急対策本部(タスクフォース)のアレクサンダー健康管理部長は、延長の可能性について「新規感染者が増加している間は、ジャワ・バリ両島でのPPKMダルラットが延長されるだろう」との認識を示した。PPKMダルラットを解除する目安として、1日当たりの感染者数が1万人を下回ることを挙げた。

またジャワ・バリ両島以外についても、感染者数の増加が見られる場合など、PPKMダルラットが延長されるとの見方を示した。

予算委員会のサイド・アブドゥラ委員長は12日の委員会で「(現在実施している)PPKMダルラットに感染拡大を抑える効果が見られなかった場合に備えて、最悪のシナリオを想定して準備するべきだ」と政府に提言。また政府予算は経済回復に焦点が当てられており、感染拡大が長引く事態を想定していないと指摘。予算再編成だけでなく、現状や起こりうるリスクを想定した大幅な方針転換が必要だと述べた。

政府は3日からジャワ・バリ両島の感染状況を示す指標が「レベル4」または「レベル3」に指定された123県・市でPPKMダルラットを実施。12日からは対象地域を両島以外の15県・市に拡大している。

関連記事

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント