【カンボジア】シエムレアプ、入境者の事前登録サイト始動[社会](2021/06/23)

カンボジア北西部のシエムレアプ州は21日から、新型コロナウイルスの感染抑止策として、他州から入境、通過する訪問者の個人情報を事前に登録できるウェブサイトの運用を始動した。クメール・タイムズ(電子版)などが同日に伝えた。

訪問者は、指定のウェブサイト<https://srprovince.com/login>を開き、フェイスブックまたは電子メールを通じて登録する。氏名や年齢、国籍などの個人情報のほか、通過予定の検問所や訪問予定地、自動車を利用する場合は同乗者の情報などを入力すると、QRコードが取得できる。訪問者は検問所でQRコードを提出するだけで、入境の手続きが完了する。

国内で市中感染が拡大した2月以降、シエムレアプでは入境の際に個人情報の登録を義務化。以前は検問所で登録手続きを行っていたが、人混みが生じやすかったため、事前に情報を登録できる体制を整えた。

同州の広報官は、「新たなシステムの始動により、検問所の混雑が緩和でき、より正確な訪問者の追跡が可能になる」とコメントした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント